×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脱毛症の種類

■脂漏性脱毛症
脂漏性脱毛症は、頭皮における皮脂の過剰な分泌が原因で起こる脱毛症です。
特に食生活やシャンプー、洗髪の方法等によって皮脂が過剰に分泌され発症します。
皮脂の過剰な分泌は、毛穴が詰まり髪の成長が妨げられます。
■粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)
乾性のフケが毛穴を塞いでしまい、炎症を起こす事で抜け毛が増加します。
フケには乾性のフケと脂性のフケとがありますが、脂性のフケは脂漏性脱毛症の初期症状となります。
乾性のフケは過剰な洗髪や強いシャンプー剤を使用する事で頭皮の必要な皮脂を取り除いてしまう事で発生します。
■びまん性脱毛症
びまん性脱毛症の原因は老化、偏った食生活、ストレス、頭皮における血行不良などが挙げられます。
症状としては頭部全体に髪の毛が薄くなります。
バランスの取れた食生活、規則正しい生活習慣、有酸素運動などで体の内面から予防する事をお薦めします。
■円形脱毛症
「円形脱毛症」と言う脱毛症の名前は皆さん良くご存知でしょう。
症状としては前ぶれなく、突然円形の脱毛が発症します。
男女年齢問わず、誰にでも発症する可能性があり、症状の中には頭部全体や体全身の毛が抜けてしまう事があります。
ストレスが原因だと言われてきましたが、近年では免疫機能の異常が原因で発症すると言う考え方に変わっています。
■薬剤性脱毛症
この症状は薬剤の副作用によって引き起こされるものです。
代表的なもので抗がん剤による脱毛が認められますが、脱毛の症状は一時的なものが多いです。
治療が終了すると通常1、2ヶ月で髪の再生が始まり、半年程ではほとんど元に戻る場合が多いです。

脱毛の原因

人間にとって髪の毛は頭を守る大切なものですが脱毛症に悩んでいる方は大勢います。
主な原因は次の様に言われています。
・シャンプーの回数不足などにより頭皮が汚れ、皮膚呼吸が困難になるため。
・シャンプーやリンスなどの成分が合わず、間違った手入れによって頭皮が肌荒れして起きる。
・加齢により新陳代謝が衰え、毛母細胞に栄養が行き渡らない。
・美容食品やサプリメントを過剰に摂取した事による薬害
■間違った手入れ
育毛や発毛を手入れする場合、最近ではいろいろな情報が簡単に入手できるので非常に便利になりました。
ただし、間違った情報を入手したり個人の解釈の仕方が異なっていると、施す手入れにも影響してしまいます。
代表的な例では、頭皮における皮脂は育毛を妨げていると言う情報です。
皮脂は頭皮や肌を乾燥から守るために分泌される成分です。
汚れと認識して、強力なシャンプー剤などで除去するのは大変な間違いです。
洗浄力が強いシャンプー剤を使用することで逆に頭皮に肌荒れが発症し、脱毛症となる場合がありますので注意しましょう。
■新陳代謝が衰え、毛母細胞の栄養不足となる
歳をとるに連れて髪の毛が細くなることや、生え際が後退することは自然なことでしょう。
しかしこの様な場合であれば、頭皮と髪の毛に栄養補給を行えば、改善される例も多いです。
育毛剤を使用することで栄養補給が出来、進行を遅く
できます。
■薬害
近年脱毛症の要因として高まっているのが、薬や健康食品などの摂取による薬害です。
代表的なものに、健康食品、サプリメント、プロテイン、皮膚科の薬などがあります。
どれも過度な摂取は良くありませんので注意しましょう。

男性型脱毛症

「育毛ケアをしたい」と言う動機の背景には、抜け毛や薄毛、又は脱毛症と言う症状があると思います。
ひと言で脱毛症と言っても様々な症状があり、症状別に対策が異なります。
まず男性型脱毛症について勉強していきます。
■男性型脱毛症
男性において最も多い脱毛症が「男性型脱毛症」です。
額の生え際から後退するタイプ、頭頂部から薄くなっていくタイプなど個人差によって様々な脱毛の仕方があります。
原因としてははっきり解明されていないのですが、男性ホルモンが関係していると言われています。
髪の毛が成長しきる前に抜けてしまい、生え変わる毎に段々と細くなり、結果的に頭皮が透けて見えてしまいます。
遺伝的要因が多いのですが、近年ではストレスや食生活、生活環境の悪さなどによる後天的要因も原因の多くを占めています。
〜男性型脱毛症の効果的な対策〜
◇血流を良くし、十分な栄養素を毛乳頭へ送る。
・育毛剤や育毛サプリメントを使用する。
・バランスのとれた食生活をする。
・規則正しい睡眠ととる。
・血流を良くするために有酸素運動を定期的に行う。
・マッサージを行う。
・禁煙をする。
◇頭皮における過剰な皮脂の分泌を抑える。
・脂肪分、糖分、コーヒー、アルコールを出来るだけ控える。
・栄養素としてはビタミンB2、B6を良く摂取する。
・規則正しい睡眠をとる。
男性型脱毛症だけではないですが、育毛剤を一生懸命使用していても、生活習慣や食生活が乱れていると何の効果もありません。
体の内側から発毛力を高める必要があります。

Copyright © 2007 脱毛症キラー